スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悠久 INT検証

キームとナートの効果時間調べたときに使った
INT上昇による、効果の変化についての
簡単な検証方法を貼ってみる

http://arlz.sakura.ne.jp/yu-sha/deck_creater/deploying.html?load=file;ds=82b213d4c96e379dd4d4905d56641651

自軍は召喚ゲージ加速用のグー(無ければアウィン教官)とINT上昇用のペリド
そして調べたいカード
LV5のカード及び、コンボ用で合計が5LVに達してしまうカードを調べたい場合はグーを抜いて代わりにサマカを投げ捨ててください
(サマカないなら猫ぽでもダークでも精霊持ちで)

敵軍は開幕で潜在まで減らすためにシンクヴァト、真紅をもどすためにミルザム
強化アビ使用時、ペリドのアビと被らないようにユージアル
ダメアビ用及び、ユグドラのダメージ回復用にアヴェル
防御力調査用にヒルガ
そして天候変化の4人
協力者のサイドが15以下だった場合はその都度必要なものに入れ替えてください

召喚獣はAP回復及びMP回復のユグドラを選択
相手は特に何でもいいです

それでは細かい説明

1.開幕相手は真紅とミルザムで突撃し、こちらのHPを潜在発動まで減らしてミルザムで戻してください

2.潜在発動までに自陣付近、できる限り小さく6個樽をおいてください
おそらく潜在まで削り切るまでに召喚ゲージが溜まります
※教官のエンチャを使う場合は6つともスケギの樽で

3.潜在ユグドラを召喚してAP回復、ペリド→(グー→)対象カードの順で使ってください
天候があってない場合は60c待って相手に天候操作をしてもらってください

・自己強化アビ及び、対象強化アビの場合 ペリドの効果が20c続くので
それより前に切れた場合、ユージアルに効果を消してもらってください
・対象弱化アビの場合 敵にかけられるのであればエフェクトが切れるまで測ってください
・ダメアビの場合 対象に打ち込んだ後、アヴェルエンチャの回復回数を数えてください
(2cで最大HPの約1,7%回復)

4.効果が切れたらユグドラを召喚して再びINTを1増やして計測してください

以上この繰り返しです

※INT8以上増やす場合1つずつ上げていった場合間に合わないと思うので
2回目に回してください
ペリドアビは重ねがけした分だけ増えるので
連続でペリドアビを重ねれば目的の数値まで簡単に届きます
(ペリド自身のINTも上がるので持続時間も増加)

とりあえずこんな感じ
なぜドラセナではなくユグドラかというと
効果が切れた瞬間召喚すれば
演出中時間がとまる=メモを取る時間ができる
ってな感じ
速度的には6個エンチャ教官>ぬるいわぁ!だと思う
お好きなほうをどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

兎琳

Author:兎琳

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。